私たちは一橋大学を支援しています - 公益財団法人 一橋大学後援会

トピックス

後援会の概要

ご寄附

情報公開

トピックス

一橋大学附属図書館に「傘寿記念基金文庫」を開設!―芥川賞及び直木賞の全巻を配架―

2016年11月9日

平成28年11月9日(水)、図書館にて傘寿記念基金を活用した「傘寿記念基金文庫」オープニングセレモニーを開催し、同日から利用サービスを開始した。

セレモニーには、寄附者から片山一久氏(昭32社)、葉山薫氏(昭33商)及び篠原信及氏(昭33社)、大学から山部図書館長及び鈴木学術・図書部長、後援会から太田理事長、岡田業務執行理事及び倉金部長が出席、看板の設置式及び懇談を行った。

太田理事長からの「この基金設置に係る経緯の説明と感謝」の挨拶に続き、岡田業務執行理事からは選書について「選書委員会を設置し、検討を行い、芥川賞及び直木賞の全巻を配架することを中心とするとのコンセプトを基に行った」との説明があった。寄附者からは「学術書以外の配置は非常に良い」、「選書方針、観点を定めるのが大変だったと思うが、素晴らしい着眼点で選書をしていただいた」との感想を、山部図書館長から「研究図書館として学術書を中心に配架した本学の図書館に、別の視点から図書が配架され、学生がより一層読書を通じて教養を高め、知見が広がる機会が生まれ、非常に有難い」という感謝のお言葉を頂いた。

今回、芥川賞113冊、直木賞176冊、選書委員が選書した278冊の計567冊が、図書館1階のスペースに配置された。

<傘寿記念基金とは>
傘寿をお迎えになられた如水会員の皆様に「後輩の学生生活の向上にご支援を頂きたい」と、一橋大学後援会へのご寄附をお願いし、集まった基金のこと

<傘寿記念基金文庫選書委員会委員名簿 >
岡田 円治(如水会及び一橋大学後援会 事務局長、委員長)
石川 一郎(株式会社BSジャパン 代表取締役社長)
出樋 一親(株式会社講談社 第二事業局女性誌編集部長)
高原 明子(ウォンテッドリー株式会社 取締役監査等委員)
山部 俊文(国立大学法人一橋大学 附属図書館長)
鈴木 宏子(国立大学法人一橋大学 学術・図書部長)
倉金 秀実(一橋大学後援会資金部長)
貝田 辰雄(一橋大学後援会事業部長)

 


<<一覧に戻る

ページトップへ